048-749-1517
048-749-1517

導入事例紹介

純正バッテリーの交換が4~5年で必要になる印刷業の 三輪車をリチウムに交換

お客様概要

  1. 1 日 8 時間+α稼働の印刷業の企業様
  2. 三輪車 
  3. 2012 年 8 月購入
  4. 2016 年 4 月バッテリー交換(純正品) ~ 4 年の寿命
  5. 2020 年 8 月使用不能 ~ 4 年の寿命
  6. 使用時間は 15,900 時間( 2020 年 8 月) ~ 1 日 8 時間程度の長時間使用
  7. バッテリー診断結果 = 1 セル機能停止で使用不可能

リチウム交換後の稼働状況

  1. 稼働時間():1 日 5 ~ 9 時間程度
  2. 充電時間():1 日 2 ~ 4 時間程度。車載充電器で充電しています。
  3. リチウムイオンバッテリーの容量は貸出期間のため 560Ah でテストしていますが、導入するのは 280Ah。560Ah で 20 %程度の放電。

充電残量(%)

  1. 現在のところ車載充電器で充電していただいてます。
  2. 昼休みに充電してご使用いただいてます。
  3. 1 日最大 9 時間稼働で 560Ah の 40 %程度放電しています。
  4. 280Ah バッテリーと高速充電器の組み合わせが最適です。

充電電流

  1. 車載充電器で充電して 50 ~ 60A の能力です。
  2. 280Ah のバッテリーを 150A の高速充電器で充電することで、昼休みの 1 時間で 50 %程度充電可能です。

放電電流

  1. 交換前の鉛バッテリーは 390Ah 容量。1 日平均 80 %放電に相当します。サイクル寿命は 1100 サイクル程度。1 年 250 日使用して 4.4 年。
  2. 大電流( 150A )の放電があるのも寿命が短くなる要因です。150A は 390Ah の 3 時間率を超えています。
  3. 280Ah リチウムイオンバッテリーの期待寿命は 10 年となります。純正バッテリーと同等の価格ですのでかなりのコストメリットです。