048-749-1517
048-749-1517

導入事例紹介

24 時間稼働の金属印刷業でのリチウムを乗せた事例 (6か月後の経過も追加)

  1. 24 時間稼働の金属印刷業様の使用実績です。
  2. 2.5トンカウンター式フォークリフト、元の鉛バッテリーは高容量の 730Ah48V 搭載
  3. リチウムイオンバッテリーは 560Ah48V の仕様です。
  4. 急速充電器も設置していますが、ほかのフォークリフトの充電場所との関係で、「車載充電器」を使用して充電しています。

使用状況

  1. キーオン時間(黒):最大 1 日 24 時間
  2. 稼働時間():最大 1 日 14 時間
  3. 充電時間():最大 1 日 7.5 時間

充電残量(%)

  1. 最大 1 日 90 %程度放電。
  2. 1日 3 直で 560Ah を 130 %程度使用する。3 時間の休み時間で 730Ah 充電できれば、休み時間だけの充電で1日稼働可能となる。
  3. 300A 仕様の急速充電器設置で1台での稼働可能となる。
  4. 現状 2 台で稼働しているが、2 台同時稼働もあるので、そこまで急速充電する必要はない。

充電状況

車載充電器で充電しているが、80 アンペア~ 120 アンペアと充電電圧にかなりの差がある。

放電電流

6カ月3150時間稼働 順調に稼働

  1. 導入後6カ月経過
  2. 3159時間稼働
  3. 順調に稼働しています。

1か月間のバッテリー残量

  1. 順調に長時間稼働しています。1日11時間~12時間
  2. セル間の電圧、温度もほとんど差がなく安定しています。