048-749-1517
048-749-1517

リチウムにするメリット

リチウムの優れた特徴

リチウムには、リン酸鉄リチウムと、コバルト酸リチウムの 2 種類がありますが、フォークリフトのバッテリーに適しているのは、安全性の面から、リン酸鉄リチウムであることがわかります。

リン酸鉄リチウムとコバルト酸リチウムの比較

  リン酸鉄リチウム コバルト酸リチウム
エネルギー密度

90~120Wh/kg

150~240Wh/kg

サイクル寿命

1000~2000 サイクル

 〇

500~1000 サイクル

安全性

釘差しで熱暴走なし、

ガス発生HF(ハフニウム)のみ

安定→安全

×

釘差しで水素が発生し、

熱暴走あり

危険

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの特長

高速充電が可能

  • 空き時間に短時間での急速充電により連続稼働が可能。
  • 1 日稼働可能な蓄電容量の鉛バッテリーに比べて、蓄電容量を少なく設定可能。

大電流放電が可能

  • 2.5 トンのフォークリフトには一般的に 565Ah の鉛蓄電池のバッテリーが使用されますが、5 時間率で 113 アンペア、3 時間率で 188 アンペアの放電になります。これ以上の放電電流はきついです。
  • それに比較して、リチウムイオン電池は 280Ah の容量でも 280 アンペアの継続放電が可能です。一般的な 2.5 トンの最大バッテリーである 730Ah にも放電電流面では対応可能です。

長寿命

( 80 %放電でのサイクル寿命) 鉛バッテリーの約 4 倍

  • 鉛バッテリー       ~ 1100 サイクル
  • リチウムイオンバッテリー ~ 4000 サイクル

メンテナンスフリー

  • 補水不要のため精製水費用や作業費用のコスト削減
  • フォークリフトレンタル会社にとっては、バッテリー破損の危険が減少

充電効率が良い

  • 電気代の削減につながります。

機能・価格比較

 

 

バッテリー

(純正・標準容量)

リチウムイオン

バッテリー

(標準容量)

間欠稼働

リチウムイオン

バッテリー

(大容量)

連続 1 直稼働

 電池容量(Ah) 400Ah 280Ah 560Ah
稼働時間 80 %放電した稼働時間 4 時間 2.8 時間 5.6 時間

昼休みに 60 分充電した分で稼働できる時間

0.5 時間 1.8 時間 1.8 時間
合計 4.5 時間 4.6 時間 7.4 時間
寿  命 80 %放電のサイクル回数 1100 回 4000 回 4000 回
400Ah 換算の 80 %放電サイクル回数 1100 回 2800 回 5600 回
費用面

販売価格(税別)

112 万円 80 万円* 120 万円*
純正バッテリー 5 年使用した場合の 1 年あたりのコスト 224,000 円 63,000 円 47,000 円
コスト削減効果   72 %削減 79 %削減

長時間稼働に貢献する急速充電器別途30万円(税別)